社員証/学生証/会員証/診察券/プラスチック/IC/IDカード作成・印刷ならカードプリンターGRASYS

社員証/学生証/会員証/診察券/プラスチック/IC/IDカード作成・印刷ならカードプリンターGRASYS

サーマルプリントヘッド電極腐食故障について

1.サーマルプリントヘッド

GRASYSインクリボンに塗布されたインクを熱を加え昇華させ、カードに転写をしています。
詳しくは【カードプリンターの心臓サーマルプリントヘッドとは!?】のブログを見てください。
故障の事例を見てみましょう。

2.主な故障要因

①金属等がぶつかり傷がついてしまう物理的破損

②水気や湿気による電極腐食故障

③手で触れた際に発生する静電気による電気的破壊

④経年劣化による自然故障

今回のケースは②の「電極腐食故障」についてです。

下記の画像はサーマルプリントヘッドを拡大したものです。

乾いた後

電極腐食故障の状態

3.電極腐食故障の主な原因

①直接手で触れる(手汗や汚れの付着)
②水気のあるもので拭く(清掃は必ず無水のものを使用する)
③息を吹きかける(唾などが飛散)
④結露が発生(加湿器の近くや湿気の多い所は避ける)

4.電極腐食故障

サーマルプリントヘッドは電極に通電する事により、複数の層から形成された発熱抵抗体が発熱し、リボンに塗布されたインクに熱を加えカードに転写します。
水分や湿気がこの電極を形成する金属材料と接触すると、電極材料を腐食させる化学反応が起こります。
この化学反応によって電気を通さない水酸化物や酸化物に変化し、正常に印刷できなくなります。

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

5.防止策として

・クリーニングの際は必ずクリーニングペンを使用し、なるべく手を近づけない
・サーマルプリントヘッドの表面に直接水分が付かないように気を付ける
・保管の際は、結露しないよう加湿器の近くや湿気の多い場所を避ける
・万が一濡れたり結露が発生した場合は、水分をふき取り、完全に乾くまで通電しない

初期不良や自然故障以外は有償交換となりますので、お取り扱いには十分お気をつけください。