社員証/学生証/会員証/診察券/プラスチック/IC/IDカード作成・印刷ならカードプリンターGRASYS

社員証/学生証/会員証/診察券/プラスチック/IC/IDカード作成・印刷ならカードプリンターGRASYS

フォントの比較をしてみました

GRASYSで印刷をする際に、dpi(解像度)によって、文字の見え方が変わります。GRASYSでは、①300dpi ②600dpi ③1200dpiの3パターンの設定が可能です。(単色リボンのみ設定可)場合によっては文字が綺麗に印刷されない事があるので、5種類のフォントをピックアップして印刷してみました。今回使用したフォントの種類は、『HG丸ゴシックM-PRO』『メイリオ』『MSP明朝』『MSゴシック』『HGP教科書体』の5種類です。

解像度について

解像度とは、ビットマップ画像における画素の密度を示す数値である。すなわち、画像を表現する格子の細かさを解像度とよび、一般に1インチをいくつに分けるかによって数字で表す1インチ=2.54センチです。300dpiの場合、1インチあたり300ドットで表現しているということになります。

◆GRASYSでdpiの設定変更の仕方(ID170・ID200の場合)

1.パソコンの設定
2.Bluetoothとデバイス
3.プリンターとスキャナー
4.GRASYSプリンター
5.印刷設定→詳細設定
6.印刷品質

◆フォントの比較​

今回使用した機種とカードはGRASYS ID200と無地のPVC白カード(マット面)で印刷を行いました。
印刷したカードをスキャナーで取り込んだものを使用しています。

1.HG丸ゴシックM-PRO

P04~P10は300dpiが綺麗に出ている

2.メイリオ

P04・P06はすべてかすれてしまっている

3.MSP明朝

全体的に300dpiが綺麗に出ている

4.MSゴシック

全体的に600dpiが綺麗に出ている

5.HGP教科書体

全体的に1200dpiが綺麗に出ている

今回はここまでです。いろいろな種類のフォントがありますので、次回は別の種類も試してみようと思います。